ご挨拶

孫の祐希と野市動物公園(2013.9.29)
孫の祐希と野市動物公園(2013.9.29)

私のHP「右城猛の研究室」をいつもご覧いただきありがとうございます。

 

2001年3月24日にHPを開設し,私の著書の読者に少しでもお役に立てばという思いで,私の研究発表論文や,講演した際に作成した資料を公表するとともに,お送りいただいた質問に対してはQ&Aコーナーを設け,できるだけ詳細かつ平易に回答するように努めて参りました。


お陰様で,たくさんの方にアクセスしていただいています。2012年1月24日の時点で,424,785人がアクセスされています。1月当り3,268人,1日当り109人の方にご覧いただいている計算になります。

 

皆様から質問をいただき回答させていただく中で,気づかされることが多々あり,とても勉強になっています。大変ありがたいことだと思っています。

HP開設11周年を契機にリニュアールすることに致しました。これまで以上に皆様のお役に立つように内容を充実させたいと思っています。

 

私が専門としてきた土圧や支持力,落石に関していえば,分かれば分かるほど,マニュアルも含め書物に書かれていることに疑問を持つようになりました。書物に書かれていることを鵜呑みにする技術者が増えていることを危惧しています。

 

還暦も過ぎ,今年満62歳を迎えます。人生の最終章に入ったと思っています。幸い,今のところ健康とはいえないまでも気力は充実しています。これからは次の日本を担っていただく若い土木技術者に,私がこれまでに学んできた知識を伝えて行かなければならないと考えています。

 

建設コンサルタントの技術者としての42年間の実務経験を通じて分かったこと,分からないことをありのままこのHPで述べていきます。いささかなりとも皆様のお役に立てば幸いです。

 2012.1.24

新刊本の案内

 A4判 308頁

価格 非会員価格:6,264円(税抜:5,800円)

会員特価:5,184円(税抜:4,800円)

【目次】 

第1章 落石事例 

第2章 落石調査 

第3章 落石運動 

第4章 落石シミュレーション 

第5章 落石対策工の選定 

第6章 落石予防工の設計 

第7章 ポケット式落石防護網の設計 

第8章 落石防護柵の設計 

第9章 落石防護壁の設計 

第10章 落石防護補強土壁の設計 

第11章 Q&A 

詳細はこちら⇒http://urx2.nu/fQO8

 

「落石対策工の設計法と計算例」講習会のご案内

主 催: 公益社団法人地盤工学会四国支部

日 時:平成27年6月12日(金) 10:20~17:00

場 所:サンポートホール高松 61会議室(香川県高松市サンポート2-1)

詳細はこちら

鳥取県建設技術センターの「落石対策の計画研修」を受講とされた方は,「右城猛 日々進化」のホームページの「講演」をご覧になって下さい。⇒こちら


博士(工学),技術士(建設)

右城 猛(うしろ たけし)